Ha+(北陸アーキテクチャープラス)は、北陸に生きる建築家と北陸出身の建築家たちによって構成されるグループです。

不定期に集まり、互いの作品や進行中のプロジェクトを批評しあうことが活動の中心となっていますが、グループ内でチームを組んでコンペに応募するなど活動の幅を拡げつつあります。

結成当初に掲げられた主旨文にはこう書かれています。

「北陸には、厳しい気候と豊かな自然の中で育まれた特有の文化や精神性がいまだ色濃く生活の中に息づいている。そうした環境において、今一度人と自然と風土と建築の結びつきを再考し、その関係の中から人々の実感と共有を得られる建築の根拠と意義を見出すことは出来ないだろうか。Ha+は、そこにしかない建築と建築のつくられ方を議論、思考し実践する開かれた場であり、これからの建築のありようを発信する場である。」

わたしたちは特色ある風土を背景として、個人の思考や活動を超えた集団的な知と創造を目指しています。

PAGE TOP